世界の一流企業も注目

瞑想レッスンは、世界トップクラスの企業の研修にも入っています。各界の著名人も日常生活の中で実践しているトレーニングで、疲れた脳を休ませて集中力を高める狙いがあります。心のエネルギーが足りないと、ネガティブな感情が出てきます。物事に集中できなくなって、仕事の効率があがりません。自分を上手に受け入れることができないと、相手を思いやる気持ちもなくなってきます。チームワークを育てるためにも瞑想レッスンが役立って、人間関係を円滑に進める潤滑油となるでしょう。

ヨガスタジオなどは、男性にとっては敷居が高い印象があります。スポーツクラブのレッスンなら、気兼ねなく参加できるでしょう。瞑想レッスン以外のプログラムと組み合わせて受講することもできるので、総合的な健康管理に役立ちます。初心者からはじめる人もたくさんいるため、何も心配はいりません。仕事が終わったあとに本格的なフィットネスプログラムは大変ですが、瞑想クラスなら安心です。運動が苦手な男性でも参加できて、健康作りに役立ちます。健康診断で心配事が出てきたことをきっかけに、フィットネスをはじめる人もいます。気軽に挑戦できるスポーツクラブの瞑想レッスンで、自分をいたわる習慣をはじめてみましょう。

瞑想クラスの内容とは

スポーツクラブによってレッスン内容は異なりますが、フィットネス器具を使った筋トレとは一線を画するものです。ヨガやストレッチなどゆったりとした動きが中心のプログラムで、深いリラックス状態に導きます。何もしないで自分の心と向き合う時間を作ることで、自律神経のバランスを整える目的です。仕事で忙しい毎日を送っていると、自律神経のバランスは崩れていきます。頭痛やめまい、だるさなどが目立ってきて、仕事に支障が出るはずです。自分の身体にムチをうって頑張っても、長期間は続きません。生活習慣の中で上手に息抜きをして、気分転換する時間が必要でしょう。

ヨガ理論をベースにした瞑想クラスでは、呼吸法や身体の動かし方を学びます。正しい筋肉の使い方をマスターして、全身の力を抜くトレーニングです。深い呼吸が身に付くと、内蔵や脳までしっかりエネルギーが届きます。インストラクターの指導に沿ってレッスンを進めるうちに、身体がどんどん変わっていく印象を受けるでしょう。ストレッチには、座り仕事で凝り固まった身体を解放するねらいがあります。肩こりや腰痛などビジネスマンに多い悩みを解消して、仕事に集中できる身体を作っていく取り組みです。

スポーツクラブの目的

スポーツクラブでは、水泳やジムトレーニングなどいろいろな運動ができます。パーソナルトレーナーがつく本格的なスポーツクラブなら、アスリートレベルの身体作りが可能です。ストイックに筋トレして汗を流し、アマチュア選手を目指す人もいます。気軽に通うというよりは、本気の身体作りを目指す狙いがあります。

もちろん、主婦やビジネスマンなど運動を楽しむために通う層もいます。楽しく生活していくためには、健康管理が不可欠です。運動不足が続くと、ストレス耐性が衰えます。1週間に1回でも身体を動かす日を決めて気分転換することで、心身を健康に維持できます。スポーツクラブで一緒に活動する仲間ができると、生活にメリハリがつきます。家庭や職場とは違った人間関係の中で一定の立ち位置ができると、暮らしが充実するものです。子育てしている世代なら情報交換もできて、家族を交えたコミュニティに発展するケースもあります。

福利厚生制度の一貫としてスポーツジム通いを推奨している会社も出てきて、エクササイズの重要性が注目されます。心身ともに健康な状態でいることが、仕事の集中力を高めるとする考え方です。仕事帰りにスポーツクラブに立ち寄って、汗を流して帰宅する習慣をはじめるビジネスマンもたくさんいます。数あるレッスンの中でも、心身のコンディションを整える瞑想クラスは仕事で疲れたビジネスマンにぴったりです。ここでは、瞑想クラスとはどんな内容のレッスンなのか、どんな効果が期待できるのか紹介します。